オーディションの流れ

オーディション当日は、説明を受けた後カメラテストと面接に臨みます。カメラテストはカメラの前でポーズをとるのですが、笑顔が出せるかどうかが重要なカギとなります。そのあとは面接が行われることが多いですが、面接の際には赤ちゃんは話せませんから質疑応答は保護者が行います。オーディションによってはグループでのテストや面接が行われることもあります。グループでの試験では歩けたり話せたりする子が有利なわけではなく、その場でどのように過ごせるのかが重要ですから発達段階での差が合否に関係するわけではありません。

面接では多くの場合聞かれる質問がありますから、事前にある程度頭に入れておくとうまく受け答えできます。子供のPR、好きな食べ物、長所や短所、といったことを聞かれることが多いのですが、事前に提出している書類に書いている内容を元に面接は進むので事前の書類についてもしっかりと頭に入れておくことが重要です。

オーディションに合格する子の特徴として、明るくのびのびしていること、人見知りしないことが多く挙げられます。大勢の大人に囲まれてカメラを向けられると緊張して泣いてしまったり、萎縮して動けなくなってしまったりすることも多くあります。赤ちゃんも保護者も平常心でいつも通りができることが意外と重要なカギとなります。

オーディションを受けるまで

赤ちゃんモデルというのは生後2、3ヶ月の頃から3歳くらいまでの間に仕事をするモデルのことを指します。オーディションによって募集年齢や性別といった制限があるので確認が必要です。オーディションを受けるには、2種類があり、赤ちゃんモデルの事務所のオーディションと一般公募とがあります。

赤ちゃんモデルの事務所に所属すると、その事務所に仕事が来ることがありますし、事務所ではスクールを経営しておりダンスや遊びで表現力を身につけたり撮影にも物怖じしないよう練習を積んだりということが行われます。それに対して一般公募というのは商品カタログやインターネットで告知されるオーディションです。倍率としてはとても高く数千倍にも昇ることが多くあります。本格的に赤ちゃんモデルを目指す場合には一般公募で合格するよりも事務所に所属してモデルデビューする方が現実的であると言えますが、その為にはまず事務所に所属する為のオーディションに合格しなくてはなりません。見事所属することが叶えば、そこから芸能のお仕事に繋がっていくのです。

関連資料-テアトルアカデミー公式WEBサイト
赤ちゃんモデルのオーデションを行っているタレント養成所のサイトです。

オーディションに参加するにはまずは書類審査がおこなわらえます。書類は履歴書を提出する場合と事前に指定されたフォーマットがあるものとありますので指定された通りのものを準備します。写真も添付するので、この子を直接見たいと思わせるようなベストショットを添付することが重要です。書類審査に合格すればオーディションに参加することができます。

赤ちゃんモデルオーディション

我が子が誕生すれば、その子に対して可愛いと思うのは当然のことです。自分の子供ですから、どう見ても可愛いものですし、赤ちゃん特有の可愛さというものがあるものです。せっかくの可愛い姿だから記念に残せたらと、赤ちゃんモデルになれたらなと考える保護者は多いものです。赤ちゃんモデルというのは活動時期が短いですから、ニーズも多くありますし誰もが可能性を期待するものです。そこで最近では、オーディションを受けさせることを検討する保護者も多いものです。

赤ちゃんモデルのオーディションを受けさせる保護者というと、将来芸能人やモデルにしたいと思っている人がほとんどだと思われがちですが、将来的にずっとモデルとして過ごすこと、芸能人になることを想定していない、望んでいない人でも赤ちゃんモデルはオーディションを受けさせる人は多くいます。物心つくまでに行おうと考えたり、あくまでも小さい頃の思い出としてオーディションを受けることを検討するためです。

しかし、オーディションというのは簡単に合格するものではないですし、いざ申し込みをしようと思ってもどこにどのように申し込みをすれば良いのかもわからないものです。そこで、ここでは赤ちゃんモデルのオーディションの申し込みの仕方から受け方、オーディションを受ける時の注意点といった事前に知っておきたい知識について紹介をしていきます。これkらオーディションを受けることを検討している人はぜひ参考にして見ましょう。